京葉線路線図


京葉線路線図
マップ画像を開く

京葉線は東京から千葉まで走っている線であり、似た名前の京王線と間違えられることもしばしば。京葉線は東日本旅客鉄道(JR東日本)の路線であり、長さは43キロあります。


京葉線は東京ディズニーランドに行くためによく使われている線でもあります。千葉の蘇我駅から出発し、東京駅の地下まで続きます。詳しくは京葉線路線図をどうぞ。

サービス

     京葉線ローカル線は西船橋以外は東京駅と蘇我駅間の駅に全て停車。

     武蔵野線 武蔵野線につながるまで東京と西船橋間の駅には全て停車。線によっては西船橋、南船橋、新習志野、海浜幕張にとまることも。

     京葉線「快速」は東京、八丁堀、新木場、舞浜、新浦安、南船橋、海浜幕張にとまり、蘇我駅までの各駅にも停車。

     中央快速線は東京、八丁堀、新木場、蘇我駅に停車。

歴史

京葉線はもとは大きな業務用荷物等の運搬専用に設計された線でした。1975年に開通し、千葉と蘇我駅の短い距離をつなぐだけのものでしたが、1988年に延長されるまでの間、1986年から西船橋・千葉間を一般乗客も利用できる線へと変化しました。

1990年には東京駅まで線がのばされ、乗客の数は爆発的に急増。千葉と東京を結ぶ唯一の線となり、それまでは業務用の運搬線としてしばしば利用されていたものの、最終的には一般乗客のみに利用される線へと変わっていきました。現在は東京ディズニーリゾートに行くための主な手段として利用されており、乗客の大半は観光客です。

2000年の12月には西船橋駅は運搬用への改造が開始され、これらの車両は武蔵野線上を走っていましたが工事の担当者たちは千葉からの出発ならば運搬にかかる時間が30分もカット出来ることが可能だと気付きました。

現時点では京葉線がすでに古いものとなっている201システムの取替えを開始したら京浜東北線と根岸線もより早いシステムへと変換するという案が出ています。

京葉線上には他にも特別な車両が走っています。東京ディズニーリゾートへとつながっている特別車もあれば「ムーンライト東京」という有名な景色やエリアを素早く通ってくれる列車もあります。


京葉線路線図をぴったりなタイミングで手にいれるべくこのページをぜひお気に入りに登録してください!